楽天カード学生(アカデミー)!の上限変更や増額について

楽天カード学生(アカデミー)!の上限変更や増額についてのトップ画像

楽天カードと楽天カードアカデミーの限度額変更や増額ついてや、カードのデメリット・デメリットについても徹底解説。

楽天学生カードの限度額って増額できるの?

楽天カード学生(アカデミー)とは?

楽天カードアカデミーの画像

楽天カードアカデミーとは学生専用に発行されている楽天のクレジットカードです。

収入のない学生をターゲットとしたクレジットカードなので審査や特典なども優遇されています。

まずは基本的な仕様を確認していきましょう。

基本スペック

クレジットカードの画像

カードの基本情報

年会費

無料

還元率(ポイント)

1%~3%

限度額

10~30万円

保険・保証

利用付帯

家族カード

無(不可)

ETC(年会費)

550円(税込)

国際ブランド

マスターカードロゴ画像VISAロゴ画像JCBロゴ画像

電子マネー

楽天Edy画像

スマホ決済

楽天pay画像apple pay画像googlepay画像

申し込み条件

18歳以上

POINT
  • 年会費が無料
  • 楽天学割という学生に特化した割引有り
  • キャッシング機能は無い
  • 卒業後は自動で楽天カードに変更される
  • 家族カードは付帯できない。
  • クレカの情報局の評価
  • 年会費は無料で学生がはじめてもつクレジットカードとして優秀。
  • 学生がよく使うマクドナルドコンビニでも楽天ポイントは使いやすく貯めやすい。
  • 社会人になっても楽天カードは必須なので持っていて損はない。
  • 海外旅行などに特化した学生専用のクレジットカードは他にもあるが、とりあえず楽天ポイントが貯まる楽天のクレジットカードは一枚は持っていて絶対に損がないのカード!
  • 基本的に限度額と家族カードが作れないこと以外は楽天カード(一般)と同じようなスペックです。

    楽天カードは100円=1ポイントの還元率ですが、これはほかのクレジットカードよりも高い還元率が設定されています。

    もちろん楽天カードアカデミーでもポイントの還元率は楽天カード(一般)と同じになっています。

    楽天カード学生(アカデミー)は限度額について

    お買い物パンダの楽天カード画像

    楽天学生(アカデミー)の限度額は最高で30万円となっていますが設定が最高の30万円となることは考えにくいです。

    では実際はどれくらいの限度額なのでしょうか?

    限度額はほとんど10万~20万円

    お金のイメージ画像

    楽天学生カードの限度額のほとんどが10万円から20万円の設定となっているようです。

    ですので楽天学生(アカデミー)カードでは当初から最高限度額30万円となっているのは珍しいということになります。

    ただ限度額が20万ならそこそこですが、10万円では正直なところ光熱費を含めてしまうと少し心もとないですね。

    では増額はできるのでしょうか?

    楽天カード学生(アカデミー)の上限変更や増額

    クレジットカードとお金の画像

    楽天カードアカデミーのショッピング枠の限度額変更や増額について紹介していきます。

    増額は期待できない

    注意のマーク

    限度額が30万となっていますが実際には増額は難しいでしょう。

    ただ、利用実績と信用が付けば不可能とまでは言い切れませんが期待はできません。

    減額はできる

    ですが減額については限度額が10万円以上と設定されていた場合は10万円まで簡単に減額することができます。

    限度額増減設定はe-NAVIから申請できます。

    ただし注意してほしいのが減額は簡単でも増額は面倒だということです。

    前に30万円の限度額でも一度10万円に減額してしまうと、また増額するときは審査があるので時間がかかってしまいます。

    限度額の30万円ですが、初めはほとんど10万円~20万円と考えておこう。

    限度額変更したら次は6ヵ月必要

    カレンダーの画像

    減額や増額を申請して変更した場合では、次にもう一度限度額の増減を申請するには6ヵ月の期間をあける必要があります。

    限度額が心配なら家族カード

    家族の画像

    もしカードの限度額が10万円と設定されていて心配なら、両親のクレジットカードで家族カードを発行してもらいましょう。

    ほとんどの家族カードは本カードと共通の限度額になっているので、限度額が低かった場合は家族カードを検討してみるのも良いでしょう。

    ちなみに楽天カード(一般)を両親がもっているなら本カード1まいで5枚までの家族カードが作れます。楽天カード(一般)は年会費も無料です。

    楽天カード学生(アカデミー)の審査について

    オペレーターの画像

    基本的には収入のほとんどない学生対象のカードなので提出書類や身分証明などの不備がなければ審査は問題ないです。

    はじめから学生限定としているので収入心配をしなくてもよいのがこのカードのもう一つのメリットです。

    絶対に大丈夫だとは言い切れませんがほぼ大丈夫です。

    書類に嘘や間違いがなけらばほぼ大丈夫

    審査書類の画像

    楽天カード(一般)よりキャッシングの機能がないぶんハードルは低いです。なので身分証や書類に絶対に虚偽の申告はしないようにしましょう。

    ただ、すでに別のクレジットカードを作っていたり滞納等の問題がある場合は審査に通るのは難しいです。

    初めて作る学生限定クレジットカードの審査ならほぼ心配ないと考えられます。

    楽天カード学生(アカデミー)のメリット

    クレジットカードを持つ女性の画像

    それでは楽天カードアカデミーのメリットを確認していきましょう。

    ネットショッピングや日頃の買い物などクレジットカードはとても便利なものです。

    また、海外旅行などの旅行保険が付帯しているので卒業旅行や海外旅行に行く場合には是非一枚は作っておくことをおすすめします。

    まずクレジットカードが使えるだけでとても便利なのですが、楽天カードアカデミーには学生にとってさらに嬉しい特典が付帯しています。

    楽天カードアカデミーは無料の学生カードといっても保険やポイントのサービスもあります。上手く特典や保険を理解して使いこなすのが大切です。

    楽天学割が自動付帯

    勉強の画像

    楽天カードアカデミーには楽天学割というサービスが自動付帯されています。

    これは一般も楽天カードにはない楽天カードアカデミーだけのサービスとなっています。

    自動付帯ということは、なにもしなくてもサービスがすでに付いているということです。

    楽天ブックス通常購入が初年度4倍ポイント

    本の画像

    初年度に楽天ブックスで本やDVDを購入するとポイントが最大4倍になるサービスです。

    ただしポイント獲得には楽天カードアカデミーで支払う必要があります。

    またポイントは期間限定ポイントですので注意が必要です。

    本を多く読む学生には嬉しいサービスですね。電子書籍は置き場所もとらずに管理もらくなのでおすすめです。

    楽天ブックスでダウロード購入が3倍ポイント

    ポイント貯金箱の画像

    楽天ブックスのでダウンロード販売商品のポイントが3倍になります。

    ただしこちらもポイント獲得には楽天カードアカデミーで支払う必要があります。

    楽天トラベル「高速バス予約」でポイント3倍

    バスの画像

    楽天トラベルで対象の高速バスを予約して、楽天カードアカデミーで支払うことでポイントが3倍になるサービスです。

    高速バスで実家に帰ったりしている学生にはぜひ使ってもらいたいサービスです。

    楽天ポイントが貯まる

    ポイントの画像

    通常の楽天カードと同様に楽天市場での買い物の支払いを楽天カードアカデミーで支払うとポイントが上乗せされます。

    また楽天市場では0と5の付く日SPUなどのポイントアップキャンペーンが頻繁に開催されているのでポイントが凄く貯まります。

    また、マクドナルドやミスタードーナツなどの店舗でもカード支払はなくてもカードにポイントを貯めることができます。

    楽天ポイントはコンビニだけでなく色んな場所でつかったり貯めたりできるので学生でも貯めやすいポイントです。

    楽天ポイントは使いやすい

    ポイントと手の画像

    貯めた楽天ポイントは楽天市場だけでなく、直接お店やコンビニの支払いで使えるのでとても便利なポイントです。

    ETCも一枚発行できる

    カードの画像

    楽天カードアカデミーの本カード一枚につきETCカードも一枚発行できます。

    車を利用する大学生などにはETCカードを自分で発行できるのはうれしいですサービスです。

    だたしETCカードは年間550円(税込)の年会費がかかります。

    楽天ゴールドカードやプレミアムカードではECTの年会費は無料になってます。

    利用付帯で海外旅行保険がついてくる

    保険書類の画像

    利用付帯ではありますが、海外旅行の支払いを楽天カードアカデミーでおこなうと旅行保険が適応されます。

    クレジットカードの多くはこういった旅行保険のサービスが付帯されているので、これも学生がクレジットカードをもつ大きなメリットの一つですね。

    旅行保険の適用には利用付帯と自動付帯の二種類があって、自動付帯の場合はカードでも旅行代金の支払いの有無は関係なく保険が適用されます。

    お得なキャンペーン

    お金と人の画像

    楽天カードアカデミーの入会でポイントをゲットできるキャンペーンの紹介です。

    総額で5555ポイント(期間限定ポイント含む)もゲットできるキャンペーンです。

    ただし、キャンペーンについては突然終了したり変更になる場合があるのでご了承ください。

    新規入会特典で2000ポイント

    ポイント貯金箱の画像

    楽天カードアカデミーに入会で2000ポイント進呈されます。

    ちなみに楽天ポイントは1ポイントが1円相当なので計算しやすく使いやすいです。

    新規入会特典の2000ポイントだけは期間限定ポイントではないです。

    カード利用特典で3000ポイント(期間限定)

    カード利用の画像

    発行されたカードお申し込み日の翌月末までにカードを利用することで3000ポイントの期間限定ポイントが進呈されます。

    期間限定ポイントは有効期限がとても短いので注意が必要です。また、マイルにも交換はできません。

    楽天市場の利用特典で555ポイント(期間限定)

    カートの画像

    カード利用とは別にカードお申し込み日の翌月末までに楽天市場でお買い物することで進呈されます。

    こちらのポイントも期間限定ポイントなので有効期限にはご注意ください。

    以外に申し込むだけで全てのポイントがもらえると思いがちなので注意してください。

    楽天カード学生(アカデミー)のデメリット

    悩んでいる男女の画像

    年会費も無料のカードなので基本的に所有してるデメリットはほとんどないのですが、一般的な他のクレジットカードと比較した場合の不満などを紹介しておきます。

    デザインが選べない

    クレジットカードの画像

    楽天カード(一般)ではカードデザインが豊富ですが、楽天カードアカデミーではシルバーのシンプルなデザインのみとなっています。

    楽天カードには色んなデザインがあるのにアカデミーではデザインが選べないのはとても残念ですね。

    限度額が少ない

    お金を出す画像

    一般的な楽天カードの限度額が最高で100万円のところ最高で30万円となっています。

    そして楽天カードアカデミーでは最高で30万円でたいていの場合は10~20万円の限度額となっています。

    ですが、これは使いすぎを防ぐ意味でも学生にとってはメリットとも言えます。

    キャッシング機能が無い

    楽天カード(一般)と楽天カードアカデミーの一番の違いといえばキャッシングの機能の有無でしょう。

    これはデメリットに思えますが、視点を変えればメリットでもあります。

    どうしてかと言えば学生のときからカードでのキャッシング機能を使うのはおススメできないからです。

    ただ、いざというときに現金を手にできるというのは確かにメリットでもあります。

    次の章からは楽天カードアカデミーの申し込み方法を詳しく紹介してきます。

    楽天カード学生(アカデミー)の申し込み方法!

    クレジットカードの画像

    学生でも作れる一枚とても便利なクレジットカードそれが楽天カードアカデミーです。

    ではそんな学生のための「楽天カードアカデミー」の申し込み方法や条件を確認していきましょう。

    学生限定のクレジットカードとは?

    大学生の画像

    楽天カードアカデミーは学生限定なので当然ですが、学生だけしか作れないカードとなっています。

    だから申し込むには大学や専門学校に所属していなければいけません。

    また楽天カードアカデミーには学生向けの特典なども自動付帯されています。

    もちろん楽天カードと同じく年会費は永年無料です。

    18歳以上(高校生を除く)なら申し込み可能!

    高校生の画像禁止マークの画像

    学生専用といっても残念ながら高校生は申し込みできません。大学・短期大学・大学院・専門学校の学生が対象となっています。

    年齢制限18歳以上28歳以下の学生限定

    赤ちゃんの画像

    ただ学生であったとしても一応年齢制限が設定されています。制限は18歳以上28歳以下となっています。

    上限が28歳以下なのでほとんどの学生は申し込みできるでしょう。

    必要なものはこの3つ!

    身分証明書の画像

    申し込みに必要なものはこの3つです。まず自分名義の銀行口座がないなら作っておきましょう。

  • 自分名義の銀行口座
  • 銀行印
  • 身分証明書(パスポート、運転免許等)
  • 提出書類には家族構成、住所、氏名などを間違えないように記入しましょう。

    身分証明書は表と裏面の両方のコピーが必要な場合が多いので注意しましょう。

    運転免許やパスポートが無いなら顔写真が入っているマイナンバーカードを作っておくと身分証明書として使いやすいですよ。

    親権者への同意確認の電話

    オペレーターの画像

    書類を提出後に楽天カード株式会社から電話があります。

    この電話での親権者への同意確認が取れるまではカードの審査は完了とならないのでご注意ください。

    事前に電話で両親に楽天カードの会社から電話があることを必ず伝えておきましょう。

    年末年始やゴールデンウィークは発行が遅くなる

    カレンダーの画像

    審査については年末年始やゴールデンウィークの場合は手続きが遅れることがあるので注意が必要です。

    また、土日祝に申し込み手続きを行うよりも平日に申し込む方がよいでしょう。

    順調にいけば2週間ほどで発行されるようですが、書類の不備などがあると一ヵ月以上かかる場合も十分ありえます。

    学生にオススメの目的別厳選クレジットカード紹介も有り

    クレジットカードの画像

    このページの後半では楽天カードアカデミー以外の学生におススメのクレジットカードも紹介しています。

    目的別にクレカ情報局が厳選した学生に適したカードばかりなので是非自分にあったカードを見つけてください。

    楽天カード学生(アカデミー)の切り替えについて

    選択の看板画像

    学生限定の楽天カードアカデミーは学校卒業後にどうなるのでしょうか?

    またせっかく貯めたポイントは?

    卒業後は自動で楽天カードに切り替わる

    卒業生の画像

    ご心配無料です。卒業年の6月に有効期限を更新した楽天カードをお送くってもらえます。 また切り替えのお手続き等は不要です。

    卒業後は自動に楽天カードに切り替わるのですが心配な場合は直接オペレーターに確認することをおすすめします。

    ポイントもそのままで手続き不要!

    ポイントコインの画像

    楽天カードアカデミーを使って貯めた楽天ポイントも自動で引き継がれるので安心です。

    楽天ポイントはそのまま引継ぎされます。

    カード変更なら退会だが…

    クレジットカードの画像

    ただし、楽天カード以外の券種(楽天PINKカード、楽天ゴールドカードなど)へ切り替えをご希望する場合は一度カードを退会したあと再度お申し込みが必要となります。

    ただ、すこし時間はかかりますが、楽天カードアカデミーから楽天カードに切り替わったあとにe-NAVIからゴールドカードやプレミアムに申し込みができるので、そちらの方法をおすすめします。

    ゴールドカードにしたくても、まずは一般カードにしてからの切り替えがおすすめです。

    学生におすすめの厳選クレジットカードの紹介

    種類 還元率 年会費
    (円/税込)
    JALカードnavi(学生専用の画像
    JALカードnavi(学生専用
    1~ 2% 無料
    楽天アルペンカードの画像
    楽天アルペンカード
    1~3% 無料
    学生専用ライフカードの画像
    学生専用ライフカード
    0.3~0.6% 無料

    お待たせいました。ここからはクレカの情報局が独自に厳選した学生におススメの目的別クレジットカードを紹介します。

    目的別に自分にあったクレカを選ぼう

    学生専用のクレジットカードは楽天カードアカデミーだけではありません。

    自分の目的や行動に一致した特典がついているクレジットカードであれば数倍もお得となる可能性ものあります。

    JALカードnavi(学生専用)

    JALカードnavi(学生専用)の画像

    遠方で在学していて国内線をよく使う学生にはJALが発行していうる「JALカードnabi(学生専用)」がおすすめです。

    在学中は年会費無料のクレジットカードで高校生を除く大学・短期大学・大学院・専門学校の学生が対象となっています。

    マイルがどんどん貯まる

    飛行機の画像

    特徴としては年会費無料なのに搭乗マイルボーナスや割引サービスが受けられる。

    さらにお買い物でも還元率1%のマイルを貯められます。

    飛行で帰省する学生にはこちらのカードがおすすです。マイルがドンドン貯まります。

    楽天アルペンカード

    楽天アルペンカードの画像

    楽天カードとアルペンカードが一つになったクレジットカードです。

    以前は学生専用のアルペングループカードというのがありましたが、2018年の12月に新規募集を終了しています。

    運動部で活動している学生の場合様々なスポーツ用品の割引を受けることができるうえ楽天ポイントとアルペンポイントがW(ダブル)で貯まるお得なカードです。

    年会費も楽天カード同様に永年無料となっています。

    運動好きの学生におすすめなのはこのカードです。道具の修理割引サービスやアルペンと楽天のポイントがダブルで貯まるお得なカードです。

    学生専用ライフカード

    ライフカードの画像

    学生専用ライフカードは在学中年会費は無料です。このカードは特に卒業旅行に海外などを予定している場合の学生におススメの一枚です。

    海外旅行保険が自動付帯

    保険書類の画像

    ほとんどのクレジットカードの海外旅行保険が利用付帯なのに対して、この学生専用ライフカードでは自動付帯の保険がついています。

    海外でのショッピング3%の現金キャッシュバック

    現金の画像

    さらに海外でのショッピングをこのカードで支払った場合には利用総額の3%を現金でキャッシュバックしてくれるお得な特典があります。

    卒業旅行で海外などを予定している学生ならこのライフカードが超おすすめです。

    年会費無料と還元率を見よう

    ポイント交換の画像

    ここで紹介した学生向けのクレジットカード以外にも学生限定のクレジットカードは多数存在します。

    ただし、クレジットカードにはまったく使用しなくても年会費がかかるものもあるので年会費が永久無料でることを基準に選ぶようにしましょう。

    またクレジットカードにはそれぞれ還元率というものが設定されており、同じ買い物をしても何倍もポイントに差がつくことがあります。

    初めてのクレジットカードではとにかく年会費と還元率の二つに注意しましょう。

    使いすぎが心配ならデビットカード

    楽天デビットカードの画像

    もしクレジットカードの使いすぎが心配なら楽天デビットカードがおすすです。

    デビットカードは使い方はクレジットカードと同じように使えますが支払いは口座にお金が入っている金額しかできません。

    だから使いすぎる心配もないので、クレジットカードに抵抗があるけどクレジットカードが必要な人にとくにおすすめです。

    クレジットカードと同じような使い方ができるデビットカードはお金の引き出しが必要ないのでとっても便利なカードですよ。

    楽天カード学生(アカデミー)のまとめ

    ここまで楽天カードアカデミーの紹介をしてきましたがどうでしたでしょうか?

    初めてのクレジットカードとして検討している人も多いカードなだけに慎重になっている人や心配している人もいるでしょう。

    間違いなくおすすめの一枚

    クレジットカードの画像

    今回の記事を書いていて総合的に初めてクレジットカードとして楽天カードアカデミーはおススメできると感じました。

    また、卒業後もそのまま自動で切り替えてくれるので手間もかからずに社会人となっても年会費の心配もいらずスムーズに利用できるでしょう。

    とくに楽天カードは楽天が展開する証券、銀行、携帯電話などなど様々なサービスと連携してポイントを貯めることができるので社会人では必須のカードとも言えます。

    そう考えればこの学生限定の楽天カードアカデミーは学生カードとして最有力候補となります。

    圧倒的な使いやすさが人気の理由

    ポイント貯金箱の画像

    楽天カードがこれほどまでに人気なのは楽天ポイントの圧倒的な利便性ではないでしょうか、ほんとに持っていると何処でもポイントが貯めたり使えたりします。

    実際にわたしも色々なクレジットカードを所有いしていますが、そのなかでも特に使用頻度が高いカードの一枚です。

    初めての作るカードであっても日常的に使ってもまったく問題の無いレベルのカードなので安心しておすすめできます。

    この機会に是非楽天カードアカデミーを検討してみではどうでしょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。

    楽天カードについては他のページでも色々と役立つ情報の記事があります。

    ▼INDEX

    HOME

    楽天カードの関連記事