楽天キャッシュの使い方!ポイントやEdyとの違いとは?

楽天キャッシュの使い方!ポイントやEdyとの違いとは?のトップ画像

楽天キャッシュの使い方や使い道を徹底解説!楽天スーパーポイントや楽天Edyとの違いをわかりやすく解説していきます。

楽天キャッシュって何?

楽天キャッシュを使い方【準備】

楽天キャッシュのロゴ画像

楽天キャッシュの使い方について具体的にどうやって始めるのかを説明していきます。

まずは必要な物を準備していきましょう。

楽天銀行口座か楽天カードを準備

楽天銀行カードの画像

まず楽天キャッシュを使うには楽天銀行口座か楽天カード(クレジット)のどちらかを準備する必要があります。

これは楽天キャッシュをチャージするために必要だからです。

単に楽天ペイで支払いたいだけなら他のクレジットカードからでも良いです。

楽天ペイのアプリをダウンロード

楽天ペイのロゴ画像

次に必要なのは楽天ペイのアプリです。スマホで楽天Payをダウロードしてください。

アプリのインストールが終わったらIDとパスワードを入力してログインしてください。

楽天市場会員出ない場合はまず楽天市場の新規会員登録をしてください。

楽天キャッシュって楽天Payでつかうの?

楽天ペイの支払い元をキャッシュに設定

楽天キャッシュを使う場合に大切なのは楽天Payでの支払い元の設定です。

楽天Payのアプリを開いて楽天会員のログインや登録が完了したら、お支払い情報のポイント利用の変更を選択します。

楽天キャッシュ設定画像1

ポイント残高の下部にある楽天キャッシュを優先して使うにチェック。

楽天キャッシュ設定画像2

パソコンの場合

パソコンで楽天市場で支払う場合は、支払いの確認でポイント利用の変更から楽天キャッシュを優先して支払うを選びます。

これで楽天ぺイを使うと「楽天キャッシュ」から支払われます。

チャージする

チャージのイメージ画像

設定はここまででOKですが、実際に楽天キャッシュを利用するには先程準備した楽天カードか楽天銀行口座から楽天キャッシュにチャージする必要があります。

楽天キャッシュのチャージ方法は次の章でお得な方法の解説と一緒に詳しく紹介しています。

楽天ペイで使うのが楽天キャッシュなんだ!

楽天キャッシュにチャージ

クレジットカード利用する夫婦の画像

楽天キャッシュを実際に使うにはチャージを行う必要があります。

この章では楽天キャッシュのお得なチャージ方法や便利なチャージ設定を詳しく紹介してきます。

楽天カードでチャージが一番お得

楽天カードの画像

最もお得で簡単な楽天キャッシュのチャージ方法は楽天カードからのチャージです。

チャージ0.5%還元され、楽天ペイで楽天キャッシュの残高を支払うことで1%還元さるので合計1.5%の還元率となります。

これは楽天Edyと比べると0.5%も還元率が高い計算になります。

楽天カードからのチャージが一番お得!

楽天銀行からチャージする

楽天銀行のロゴ

楽天カードの次に簡単なチャージ方法は楽天銀行からのチャージになります。

クレジット払いではないので使いすぎないというメリットがあります。

ポイント払い瞬間チャージ

自動チャージのイメージ画像

「楽天Pay」アプリの設定でキャッシュやポイントが足らない場合に、自動で瞬時にチャージするようにできます。

一度にどれだけの金額を自動でチャージするかも設定できます。

ビットコインからもチャージできる

ビットコインのお札画像

楽天ウォレットを使うことでビットコインなどの暗号資産から楽天キャッシュにチャージすることができます。

チャージ方法は楽天ウォレットの口座を開設してから楽天ウォレットのアプリによってチャージを行います。

ビットコインも楽天キャッシュにできれば楽天Payで利用できるので使い勝手がよいです。

楽天キャッシュを実際に使う

タブレットを持つ女性の画像

チャージができたら次は実際に楽天キャッシュを使ってマックやコンビニで支払う方法を紹介していきましょう。

マクドやコンビニでも使えるんだね♪

コンビニやお店で使う

スマホで支払うイメージ画像

まず楽天Payのアプリでで支払い元を楽天キャッシュを優先に設定しておきます。

支払い方法は色々とあります。

  • バーコード
  • QRコード
  • セルフ
  • 個人的にはバーコードでの支払いが一番簡単でオススメです。

    楽天Payが使えるお店

    楽天ペイが使えるお店のロゴ一覧

    コンビニはもちろんさまざまなお店で使えるのが楽天Payです。

    いろんなお店で使えて便利!

    ポイント/キャッシュ優先設定

    スマホのポイントイメージ画像

    楽天キャッシュは楽天ポイントと併用した利用ができます。

    また、楽天ポイントを貯めたい人や優先的に使いたい場合はアプリで設定を変更しておけば自動でポイント支払いの有無を決定できます。

    ポイントを優先的に使うことができる

    支払い元の設定ができたらポイントを優先的に利用するかどうかも一緒に設定しておくと便利です。

    楽天キャッシュとは何?

    楽天キャッシュのロゴ

    楽天キャッシュとは何か解説していきます。

    楽天キャッシュや楽天ペイなど電子マネーであることは何となくわかるけど完全に理解している人は実際まだまだ少数でしょう。

    なので今回は「楽天キャッシュ」についてできるだけ解りやすく簡単に紹介してきましょう。

    まだ、いまいちよくわからんのよね..

    楽天ペイで利用できる「電子マネー」

    電子マネーのイメージ画像

    楽天キャッシュをシンプルに説明すれば楽天ペイで利用できる「電子マネー」の一つです。

    また楽天ペイは「おすすめしたいキャッシュレス決済2年連続No.1」に選ばれるほど人気のキャッシュレス決済システムです。

    出典:2020年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査のキャッシュレス決済業種(業種指数化対象企業5社)「推奨意向」指標

    人気の楽天Payで使える電子マネーなんや

    楽天ペイの支払い元の一つ

    楽天ペイのロゴ

    さらに楽天キャッシュを詳しく説明するには「楽天Pay」をまず知る必要があります。

    「楽天Pay」は店舗やオンラインで利用できる決済システムです。

    そして楽天Payにはいくつもの支払い元(クレジットカードや電子マネー等)の設定でき「楽天キャッシュ」はその支払い元の一つの電子マネーになります。

    お店やオンラインでも使える便利な電子マネーってことやね!

    楽天Payの支払い元

    楽天Payの支払い元には以下があります。

  • 楽天キャッシュ
  • 楽天銀行口座払い
  • クレジットカード
  • 楽天ポイント
  • 楽天Edy
  • 楽天Payのsuica
  • このように「楽天Pay」といっても支払いもとは選択できるようになっておりどの支払い元にするかを選択できます。

    なので楽天Payに「楽天キャッシュ」として入金したお金(電子マネー)が楽天キャッシュになるというわけです。

    楽天Payの支払い元の種類っていろいろ選べんのやな

    セキュリティについて

    セキュリティのイメージ画像

    楽天Payのセキュリティは3Dセキュリティシステム指紋認証、SMS認証などさまざまな安心なサービスを採用しています。

    楽天キャッシュのメリット

    携帯を持って喜ぶ女性の画像

    ここからは以下の楽天キャッシュのメリットを紹介してきます。

    メリット
  • スマホだけで支払いができる
  • ポイントがEdyより貯まる!
  • ラクマの売上金でチャージできる
  • 楽天アフィリエイトの報酬もチャージ
  • 家族や友人に簡単に遅れる
  • 送金手数料がかからない
  • 楽天ポイントも使える
  • スマホだけで支払いができる

    スマホの画像

    楽天キャッシュの一番の利点といえばオンラインの決済がスマホや楽天の支払い設定だけでできることでしょう。

    楽天Payが使えるお店でスマホでバーコードを提示するだけで楽天キャッシュでの支払いができます。

    楽天市場での買い物では支払い時にポイント利用の変更をすれば楽天キャッシュで支払いできます。

    ポイントがEdyより貯まる!

    楽天Edyの画像

    ポイントは楽天カードからのチャージで常に1.5倍進呈されるます。これはEdyより+0.5倍多いポイントになります。

    ラクマの売上金でチャージできる

    ラクマのロゴ

    ラクマを利用している人であれば売り上げをそのまま楽天キャッシュにチャージすることができます。

    楽天アフィリエイトの成果報酬が1円からチャージ

    チャージのイメージ画像

    楽天アフィリエイトをしてい人であれば成果報酬は1円から楽天キャッシュでチャージされます。

    家族や友人に簡単に遅れる

    家族のイメージ画像

    スマホのアプリや楽天会員で家族や友人に楽天キャッシュを送金できる。

    飲み会での割り勘や立替払いなどにも便利です。

    送金手数料がかからない

    無料のスタンプ画像

    また家族や友人に送金する際には銀行とは違い送金手数はかからないので多くの友人に送金する場合は便利でお得です。

    送金に手数料がかからないのは嬉しい!

    楽天ポイントも併用できる

    スマホのポイント画像

    また貯まった楽天ポイントも支払いに楽天キャッシュと併用して利用できるので使い勝手がよいです。

    楽天キャッシュのデメリットは手数料

    スマホを片手にメモを取る男性の画像

    注意すべき楽天キャッシュのデメリットをわかりやすくまとめて紹介していきます。

    デメリット
  • 現金換金手数料が10%
  • 一回の利用上限金額が3万円
  • Edyよりも利用が限られる
  • 有効期限がある
  • 現金換金手数料が10%

    お金が飛んでいく画像

    最も大きなデメリットと言えば一度楽天キャッシュにしたお金を現金に戻すときの手数用です。

    換金時の手数料は換金額の10%

    ※手数料には消費税(1円未満消費税端数 切り捨て)がかかります。換金額5,000円の場合手数料540円差し引き後の金額4,460円が入金されます。

    手数料が一律ではなく金額に対しての10%というのはかなり高額な手数料ですので注意が必要です。

    現金換金の手数料ヤバイ!

    また換金金額にも上限があります。

    1ヶ月の換金: 100万円まで

    1回の換金: 10万円まで(換金単位: 1,000円以上、1,000円単位)

    となっております。

    プレミアム型が利用停止

    ストップのイメージ画像

    プレミアム型とは楽天キャッシュを現金で出勤できるサービスです。

    残念ながら現在はプレミアム型は利用停止となっています。

    2019年3月18日より前にチャージ・受取・付与がされた楽天キャッシュ プレミアム型の残高については、出金可能です。

    一回の利用上限金額が3万円

    支払いのイメージが画像

    楽天キャッシュは1回のお支払い時に利用できる楽天キャッシュは3万円までとなっています。

    これでは少し高額なエアコン、テレビ、ブランド商品などを購入する場合には利用が難しいですね。

    一回の支払いは3万円までのですが、月合計では10万円まで利用できます。それでもやはり少ない気がします。

    三万はちょっと少ないかな...

    有効期限がある

    カレンダーの画像

    楽天キャッシュは10年間、「チャージ、送付、受取、出金、使用」のいずれのご利用もない場合、失効します。

    ただし、有効期限は最後に楽天キャッシュのチャージ、送付、受取、出金、使用を行った時点から計算されるので心配するほどでもない。

    有効期限は心配いらなそうだ

    Edyよりも利用が限られる

    楽天Payの使えるお店はまだ楽天Edyにくらべると少し少ないです。

    ですが今後は楽天Edyよりも主流になってくると思われるのでこちらはあまり心配なさそうです。

    楽天キャッシュと楽天ポイントの違い

    スマホを操作する女性の画像

    楽天キャッシュと楽天ポイントの違いを説明していきましょう。

    売上金をすぐに使える

    ポイントコインの画像

    楽天ポイントと楽天キャッシュの大きな違いはラクマや楽天アフェリエイトの売上金をすぐにチャージできることです。

    エディへの交換

    楽天Edyのロゴ

    楽天ポイントはEdyへ1ポイント=1円分のEdyに交換できます。

    楽天キャッシュはEdyに交換できない。

    ただ、楽天キャッシュをEdyに交換するほうほうは今のところないですが、キャッシュをEdyにかえるメリットも特にないです。

    現金で出金

    出金のイメージ画像

    使い方では楽天ポイントと楽天キャッシュの違いはわかりにくいですが、現金での出金ができるのは楽天キャッシュのみです。

    ただし出金は現在プレミアム型が利用できなので出金金額の10%という高額な手数料が必要です。

    相互交換できない

    ×の画像

    支払いのときに楽天キャッシュと楽天ポイントを併用して利用はできますが、楽天キャッシュと楽天ポイントは相互に交換することはできません

    有効期限の違い

    カレンダーの画像

    楽天ポイントは使用するこで1年延長

    楽天キャッシュは使用することで10年延長

    利用することで有効期限がのばせるところは同じですが有効期限については楽天キャッシュが圧倒的に便利。

    楽天キャッシュと楽天Edyの違い

    似ている二人の女性画像

    「楽天Edy」も楽天が発行している電子マネーですが、楽天キャッシュとは別物です。

    同じ楽天の電子マネーである「楽天キャッシュ」と「楽天Edy」との大きな違い支払いシステムに専門の機器が必要ないところです。

    楽天キャッシュの場合はスマホや登録だけ大丈夫です。

    コンビニなどでの支払いの場合はほとんどのお店にEdyの読み取り機器があるので不便はないですが、個人がオンラインで使用する場合にも専用の機器が必要になります。

    また、その他にもいろいろと違いはあります。

    そしてこれからは楽天の電子マネーは楽天Edyよりも楽天キャッシュが主流となっていると思われます。

    楽天キャッシュのキャンペーン

    ポイントコインの山の画像

    楽天キャッシュのキャンペーンについて紹介します。

    尚、キャンペーンについては突然終了されたり内容が変更になることがあります。

    キャンペーンを利用する場合は必ず公式ページで内容を確認してください。

    【楽天買取】楽天キャッシュでの買取代金受取でポイント2倍

    ポイント2倍(通常ポイント1倍+特典ポイント1倍)

    ※買取金額100円に対して通常ポイント1倍(1%)のところ、ポイント2倍分が付与されます。※本キャンペーン特典ポイントは、通常の1倍(通常の買取成約で付与される1%)分を除いた残りの倍率で付与いたします。

    楽天キャッシュのエラー

    スマホが使えないイメージ画像

    楽天キャッシュのエラーについてまとめておきました。

    いろんなエラーがあるな..

    CASH03

    現在セキュリティチェックが発動しているため、ご利用いただけません。(CASH03)という表示はの場合。

    楽天キャッシュの送信や受信先で楽天キャッシュの利用制限問題が発生している場合に発生するエラーです。

    面倒ですがこの場合は楽天キャッシュの公式ページにある利用制限解除申請のフォームから申請しましょう。(参照:申請フォームはコチラ

    CASH13

    「システムエラーが発生しました。(CASH13)」という表示の場合。

    楽天銀行の口座を使った楽天キャッシュのチャージのエラー場合に、「システムエラーが発生しました。(CASH13)」というコメントが表示されることがあります。

    楽天銀行を利用したチャージの場合は設定してから最短でも翌日15時より可能となっている。

    また、何度もエラーが発生する場合はアカウントのご状況を確認してもらうために「ご利用制限解除の申請フォーム」より申請をしよう。(参照:申請フォームはコチラ

    CASH23

    「チャージ金額が上限を超えています。(CASH23)」というエラーが表示される場合、楽天キャッシュをチャージできる金額の上限を超過している可能性があります。

    以下のいずれかのルールに該当していないかをご確認下さい。

  • 利用を開始してから30日の間は1日にチャージできる金額上限が10000円です。
  • また1ヶ月間のチャージ上限の金額は10万円までとなっているので注意しましょう。
  • CASH29

    システムエラーが発生しました。 (CASH29)という表示の場合。

    楽天キャッシュをチャージで送信したり受信した場合に発生するエラーです。

    【発生理由①】 wi-fiで楽天ペイアプリの通信をしてる場合

    対応方法①】wi-fiを切ってモバイル回線による通信してからもう一度ためしてみる。

    【発生理由②】楽天キャッシュを送るとき受取先に楽天キャッシュの利用制限や問題が発生していることがある。

    【対応方法②】楽天キャッシュ利用制限解除の申請フォームから依頼しましょう。(参照:申請フォームはコチラ

    【発生理由③】日本国外から通信を行っている場合。

    【対応方針③】 楽天キャッシュは日本国内向けのサービスなので日本国内から利用しましょう。

    楽天キャッシュのまとめ

    今回は楽天キャッシュの紹介をしてきました。電子マネーの利用方法は難しいものが多いので少しでも理解しやすいように心がけました。

    楽天キャッシュはとても人気のある電子マネーであり、これからもっと利用が増えるでしょう。

    できればこの機会に是非楽天キャッシュを使ってみてください。

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    ▼INDEX

    HOME

    楽天カードの関連記事