楽天プレミアムカードの損益分岐点はこれ!空港ラウンジとインビテーションの紹介

楽天プレミアムカードの損益分岐点はこれ!空港ラウンジとインビテーションの紹介のトップ画像

楽天プレミアムカードの損益分岐点を徹底分析!

利用できる空港ラウンジの一覧やプライオリティパスを紹介。

また、噂のインビテーションについても解説。

いくら使ったらモトが取れるのかな?!

楽天プレミアムカードとは?

楽天ゴールドカードの画像

楽天プレミアムカードは申し込みができる楽天カードのなかで最高ランクのカードとなっています。

正直、見た目は楽天ゴールドカードと見分けにくいです。

よく見ると楽天ゴールドカードはちょっとピンクっぽいですがプレミアムカードは黄色がかったゴールドな券面です。

では楽天プレミアムカードの基本仕様からプレミアムな特典までしっかりと確認してきます。

基本スペック

クレジットカードの画像

カードの基本情報

年会費

11000円(税込)

還元率(ポイント)

1%~7%

限度額

300万円

保険・保証

自動付帯

家族カード

550円(税込)

ETC(年会費)

無料

国際ブランド

マスターカードロゴ画像VISAロゴ画像JCBロゴ画像

電子マネー

楽天Edy画像

スマホ決済

楽天pay画像apple pay画像googlepay画像

申し込み条件

20歳以上

特典

  1. プライオリティパスが発行できる
  2. 海外・国内旅行・動産保険が自動付帯
  3. 楽天市場クレジット決済+楽天市場コース+お誕生日サービスで最大ポイント7倍
  4. 買い物・エンタメ・旅行の3つから好きサービスを一つ選べる
  5. 楽天市場でお得。ポイント5倍
  6. ETCカードの年会費無料
  7. 明細書の発行費用が無料

メリットとデメリット

メリット
  1. プライオリティパス、プレミアムデーのポイント6%、ETCの年会費無料、海外旅行の保険自動付帯などを使いこなせば11000円の価値は十分にあるカードです。
  2. 自動付帯の海外旅行保険以外にも動産保険が付帯している。
  3. 国内のほとんどの空港ラウンジは無料で何度でも利用できる。
  4. 家族カードは550円(税込)と激安
  5. ゴールドカードが改悪になったので楽天ポイントを稼ぎたい人もプレミアムカードの一択。
  6. 楽天市場での買い物コースやお誕生日月などを上手く利用すれば損益分岐点を超えることも十分可能!
  7. お買い物コースを選べば火・木曜日のプレミアムデーはポイント6倍にできます。また、お誕生日月も楽天市場での買い物ポイントが6%になります。
デメリット
  1. ステータスカードに魅力を感じない世代には年会費11000円必要なのはデメリットでしかない!
  2. 楽天市場である程度のまとまったお買い物をしない人には恩恵は少ない。
  3. デザインが楽天ゴールドカードと見分けがつきにくい。
  4. プライオリティパスは同伴者は有料となるので家族旅行には使いにくい。

家族カードは550円(税込)はゴールドと同じでだが、プレミアムカードでは圧倒的に家族カードのメリットが大きい。例えば家族カードでも保険内容は同じ。

プライオリティパス欲しいぃ!!!

付帯保険について

楽天プレミアムカードに付帯している保険について紹介します。

自動付帯の旅行保険があるのはうれしい!

楽天プレミアムカードの海外旅行障害保険

保険書類のイメージ画像

保証内容限度額
障害死亡・後遺障害最高額5,000万円
障害治療費用1事故の限度額300万円
疾病治療費用1疾故の限度額300万円
賠償責任(免責なし)1事故の限度額3,000万円
救援者費用年間限度額200万円
携行品損害年間限度額50万円

楽天プレミアムカードの国内旅行障害保険

保証内容限度額
傷害死亡保険金5,000万円
傷害後遺障害保険金最高額5,000万円
入院保険金※1日額5,000円
通院保険金日額3,000円

※1入院保険金(手術保険金)・通院保険金は、事故の日を含めて6日以内に治療を終了された場合には、お支払いの対象になりません。

楽天プレミアムカードのショッピング保険は最高300万円

買い物のイメージ画像

ショッピング保険は(免責3,000円)で、最高300万円となっています。

ショッピング保険があるのはちょっと嬉しいですね。

選べる3つのコースについて

コース変更の画像

楽天プレミアムカードでは選択できる特典で3つのコースから一つを選べます。

楽天市場コースは一般カードよりポイント+3%

カートの画像

楽天市場で毎週「火曜日」「木曜日」のプレミアムカードデーでのお買い物がポイント1倍加算となります。

楽天市場1倍+楽天ブラックカード決済で最大4倍+「楽天市場コース」最大1倍=合計でポイント最大6倍!

楽天カードはもとからポイントが貯まりやすいですが、やはり楽天プレミアムカードはポイントの貯まり方はヤバイです。

楽天トラベルコース

チケットの画像

楽天トラベルでオンラインカード決済するとポイントが1倍加算

楽天トラベル利用ポイント1倍+楽天ブラックカード決済で1倍+「トラベルコース」最大1倍=合計でポイント最大3倍!

楽天エンタメコース

テレビを見る人の画像

楽天TVご利用分ポイント1倍加算

楽天ブックスご利用ポイント1倍加算

ちなみに楽天ブラックカードではこの3つのサービスがすべて受けられます。

損益分岐点のグラフと月額金額

グラフのイメージ画像

楽天プレミアムカードの損益分岐点超えるためのポイント。さらに月平均金額や年間合計金額を解りやすいグラフで解説していきます。

損益分岐点を2つのグラフで解説するよん!

損益分岐点とは?

グラフのイメージ画像

損益分岐点を簡単に説明すると、カードの年会費分の費用をどれくらいの金額のお買い物をすればポイントでモトが取れるのかを表したものです。

損益分岐点のグラフでは月46000円

楽天市場での買い物を楽天カードと楽天プレミアムカードで購入した場合の損益分岐点のグラフです。

まずは一般の楽天カード3%とプレミアムカード5%のみを比べてみてみましょう。

楽天プレミアムカード損益分岐点5%のグラフ

5%の損益分岐点の月平均金額46000円

この場合だと月に46000円楽天市場で買い物をして12ヵ月で一般の楽天カードよりもお得になります。

年間合計約55万円

年間の購入金額では約55万円以上購入する損益分岐点を超える計算になります。

一般庶民の私では毎月46000円も楽天市場で買い物するにはちょいとしんどい...

楽天市場コースの選択が重要!

3つの選択の画像

楽天プレミアムカードでは3つのコースから一つだけ自分にあったサービスを選択できます。

損益分岐点のところでも説明したとおり、楽天プレミアムカードをお得につかうならお買い物コースを選択することが大切になります。

プレミアムカードでは3つのコースの中からお買い物コースというのを選択すれば楽天カード一般よりもさらに+3%となります。

これは一般カードが楽天市場で買い物をするとき3%だとするとプレミアム6%になるということです。

楽天市場コースで決まりやな!

さらに5と0の付く日が火・木曜日に重なると+2%加算される!

カレンダーの画像

これにまだ5と0の付く日の+2%も追加できるので、それだけで+8%です。

これだけポイント加算されるカードは本当に珍しいですね、ほとんどのカードでは重複したポイント加算がなかったりします。

ポイント貯まりすぎやろ!!

楽天市場コースの損益分岐点グラフ

下の図は楽天プレミアムカードのお買い物コースを選択して火曜日と木曜日に楽天市場で買い物をした場合の損益分岐点のグラフです。

火曜日と木曜日のプレミアムカードデーでは+6%になるんだ!

楽天プレミアムカード6%の損益分岐点のグラフ

楽天市場コース場合では月31000円!

5%での損益分岐点では月平均45000円だったのが、お買い物コースを選択して火曜と木曜日に買い物をしただけで損益分岐点の月平均が31000円になります。

たかが1%の違いですが、5%と6%では月平均15000円もの差が生まれます。

月31000円 なら可能性ある!?

年間金額合計金額は36万円

ポイントコインの画像

お買い物コースで火曜日ともう曜日に楽天市場で買い物をした場合の損益分岐点の年間合計金額は約36万円となります。

通常の5%時の年間の損益分岐点金額が55万円以上だったので差額はなんと約19万円となります。

誕生日月だとさらに!

ポイントをもらう画像

誕生日月だとさらに損益分岐点が下がります。とにかくお誕生日付きでさらに0と5の付く日に高額なエアコンなどを買い物することができれば損益分岐点を超えることは難しくないでしょう。

誕生日月の火・木曜日は、何もしなくても+2%

誕生日ケーキの画像

さらに誕生日月で楽天市場のお買い物が+1%となり合計で最大+7%となります。

このように楽天プレミアムカードの凄いところはポイントの加算ができるところにあります。

厳密にいえばプレミアムカードの恩恵はこのお誕生日月と楽天市場コースをどれだけうまく使えるかが重要!

0と5の付く日と重なるを火・木曜日を狙え!

ポイントが貯まる画像

ここからは楽天ポイントをさらに貯めるための話になります。

一般の楽天カードでも同じようポイントアップができますが、プレミアムカードではさらに上乗せでのポイント加算になります。

楽天市場には0と5の付く日にポイントが2%上乗せされます。

このグラフにはもうひとつの黄色いラインがあります。それは0と5の付く日に楽天市場で買い物をするとプラス2%上乗せの日です。

0と5の付く日凄えぇぇ!!

だだし、0と5の付く日は一般楽天カードでもお得なので...

0と5の付く日は確かにおとくなのですが、それは楽天一般カードでも同じなのでポイントは多くても現実は損益分岐点がさがっているわけではないです。

お誕生日月とプレミアムカードデーのポイントだけが一般楽天カードとのポイント差となります。

楽天ゴールドカードの損益分岐点は消滅

以前は楽天ゴールドカードは年会費2200円という年会費で月額9000円という損益分岐点が存在しましたが、2021年度の改悪で一般カードと同じ3%となり損益分岐点は消滅しました。

楽天ゴールドカードは年会費がやすかったら損益分岐点は低かったのに..残念。

楽天プレミアムカード 損益分岐点 「せどり」とは?

カートの画像

たまに聴く「せどり」という言葉ですが、簡単に説明すると転売するための仕入れと販売価格の差の利益のことです。

楽天プレミアムカードで多くのポイントを獲得することで仕入れ値を安くしたり、ポイントで利益をだしたりするときによく使われています。

楽天市場の『せどり』にはプレミアムカードが必須

ポイントのイメージ画像

常にインターネットで転売商品を購入するせどりでは当然ポイントが多く貯まるカードは重要となります。

現在では楽天ゴールドカードの還元率がさがったため楽天市場での『せどり』では楽天プレミアムカードの取得は必須ですね。

せどりには専門知識が必要

専門家のイメージが画像

『せどり』はインターネットが普及する以前は古本屋などを周り高価な値段で転売できるような本を探してまわっていたそうです。

現在ではネットサーフィンで多種多様な商品をさがすことが短時間で可能となり、『せどり』は古本以外でも行われやすくなりました。

たたし、転売で利益をだせるほどの専門的な知識や目利きが必要なことは変わりません。

「せどり」は月額ポイント上限に注意

ポイントのイメージ画像

せどりを行えば月に使う金額も高額になりがちです。

そんなときは月額のポイント利用限度額や獲得上限金額を知っておかなければポイントを無駄にしてしまうことも..

15000ポイントの上限なので利用金額は月75万円

支払いのイメージ画像

もっとも大切なことはプレミアムカードの+2%のポイント月単位の上限金額15000ポイントはどれくらいの利用金額かということです。

2%で15000ポイントとうことは月750,000円までの利用代金になります。

この金額以上利用してもポイント上限に引っかかり貰えるポイントが貰えなくなります。

使えるポイントは一回30000ポイント

スマホにポイントの画像

貯まったポイントを利用するときにも上限金額が設定されているので注意が必要です。

一回で使えるポイントは30000ポイントまでとなっています。

月単位のポイント利用限度額は10万から50万ポイント

月単位で使えるポイントの限度額は楽天のランク(シルバー~ダイヤモンド)で10万~50万までに設定されています。

限度額300万円のプレミアムカードはやはり必須

クレジットカードの画像

楽天カードの限度額は多くて120万えんほどなので、せどりを行うにはやはり限度額最高300万円の楽天プレミアムカードくらいは欲しいです。

ふるさと納税で損益分岐点を超えろ!

楽天市場ふるさと納税サイトの画像1

楽天プレミアムカードでふるさと納税することでポイントも貯めることができます。

実は「楽天ふるさと納税」は人気も品ぞろえもトップクラスなのです。

さらに楽天ポイントも貯まるので、プレミアムカード保有者は「ふるさと納税」が損益分岐点を超えるチャンスになります。

また、ふるさと納税を0と5の付く日やSPUに重ねることで驚異的なポイントをゲットしましょう。

こっから本番!損益分岐点を超えるにはふるさと納税!

まずシュミレーターで上限金額を知ろう

上限金額シュミレーターの参考画像

ふるさと納税のポイントは自分の上限金をしっかりと把握することです。

楽天市場では自分の上限金額をシュミレーターで算出することができるので、まずは自分の上限金を調べてみましょう。

住宅ローン控除を使っている人でもふるさと納税の還付を受けられる場合も多いので諦めないでください。

私は子供3人だから上限7万!

楽天市場で返礼品を選ぶだけ

楽天市場のサイトやアプリでふるさと納税を標品検索すると特設ページが行けます。

自分の上限金額がわかれば、あとは自分にあった返礼品を選ぶだけで即ふるさと納税ができます。

楽天市場では人気の返礼品やランキングもあるのでとて解りやすいです。

返礼品選ぶの楽しい。

当然普通の楽天カードよりポイント貯まる

同じ「ふるさと納税」でも楽天プレミアムカードでするのと通常の楽天カードでするのとではポイントが+2%違います。

毎年必ず納められる「ふるさと納税」は損益分岐点を超える大きなチャンスです。

上限金額がおおいほど有利になります。

36万から7万引いたら年間29万か..

アプリ0.5倍も使う!

スマホの画像

さらに楽天市場では頻繁にあるSPUやポイントアップするさまざまな方法がまだまだ溢れています。

一番簡単な方法の一つが楽天市場のアプリから商品を購入することです。楽天市場のアプリから商品をするだけでさらにプラス0.5%に!

楽天銀行口座引き落としやアプリをつかえば....!!

ここまでくれば楽天銀行口座の引落(+1%)やアプリからの買い物(+0.5%)などなど一度の買い物でとてつもないポイントに.....。

また、プライオリティパスや自動付帯の保険、さらにポイント優遇などお得度がプレミアムなカードと言わざる負えません。

楽天プレミアムカードで使える空港とプライオリティパス

飛行機の画像

この章では楽天プレミアムカードで使える空港ラウンジとプライオリティパスで利用できるラウンジとサービスについて紹介しています。

利用できる国内空港のラウンジ一覧

ラウンジの画像

楽天プレミアムカードではプライオリティパスのラウンジとは別に国内と一部の海外での空港ラウンジの利用が何度でも無料となっています。

プライオリティパスとは違うラウンジ

プライオリティパスは国内線では利用できるところが少ないですが、このサービスでは主要な国内空港で利用できます。

空港 ラウンジ名
北海道 「スーパーラウンジ」
「ノースラウンジ」
「国内線ビジネスラウンジ」 「ラウンジ大雪(TAISETU)
東北 「エアポートラウンジ」 「ラウンジロイヤルスカイ」 「ビジネスラウンジ」
北陸 「エアリウムラウンジ」 「らいちょう」 「スカイラウンジ白山」
東海
「プレミアムラウンジセントレア」
「第2プレミアムラウンジセントレア」
「YOUR LOUNGE」
関東
「IASS EXECUTIVE1」

「IASS EXECUTIVE2

「POWER LOUNGE SOUTH」
「POWER LOUNGE NORTH」
「POWER LOUNGE CENTRAL」

「POWER LOUNGE NORTH」
「エアポートラウンジ(南)」
「POWER LOUNGE CENTRAL」
近畿
「比叡(ひえい)」「六甲」「アネックス六甲」「金剛」
「ラウンジオーサカ」 「ラウンジ神戸」
中国 「ラウンジマスカット」 「ビジネスラウンジ【紅葉】」 「ラウンジDAISEN」 「ラウンジきらら」
「出雲縁結び空港エアポートラウンジ」
四国 「ラウンジ讃岐(さぬき)」 「ビジネスラウンジ」「スカイラウンジ」 「ヴォルティス」
九州 「ラウンジTIME/ノース」
「ラウンジTIME/サウス」
「ラウンジTIME/インターナショナル」
「ラウンジひまわり」
「Premium Lounge さがのがら。」
「ラウンジくにさき」 「ビジネスラウンジ【アザレア】」 「ラウンジ【ASO】」
「ブーゲンラウンジひなた」
「スカイラウンジ菜の花」
沖縄 「ラウンジ華(hana)」
海外
「IASS HAWAI LOUNGE」

「IASS INCHOEN LOUNGE-MATINA-(EAST・WEST)」
「IASS INCHEON LOUNGE2-AirCafe-」

プライオリティパスで使える空港ラウンジ

プライオリティパスの画像

世界120カ国、850カ所以上の空港で、最高クラスのラウンジを利用いただける会員制サービスです。

もちろん、日本の空港でも使えます!

国内では以下の空港で利用できます。ただし、中部空港と福岡空港では国際線のみとなっています。

さきに紹介した空港ラウンジとはべつにワンランク上のラウンジが利用できるのがプライオリティパスです。

プライオリティパスで利用できる国内空港

旅行者の画像

  1. 成田空港
  2. 関西空港
  3. 中部空港(国際線のみ)
  4. 福岡空港(国際線のみ)

帰国時にはほとんど利用できない

ただし、国内線のプライオリティパスの利用のほとんどが出発時のみの利用に制限されているので注意が必要です。

プライオリティパスをもっているからとあまり過度な期待はしないほうがよいです。

ラウンジが混雑している時にも利用できなこともあったりするのは本当に残念。

サービスについて

ラウンジで話をする人の画像

ここからはプライオリティパスのサービス内容について詳しく紹介しています。

プライオリティパスをたったの年間11,000円で手に入れられるのは楽天プレミアムカードだけです。

ではいったいどんなサービスなのかを詳しく内容を確認していきましょう。

サービスについて

  1. 高級ラウンジ利用無料
  2. アルコール類無料
  3. ソフトドリンク無料
  4. 軽食無料
  5. シャワールーム無料
  6. wi-fi無料

プライオリティパスで利用できるラウンジは各空港でサービスが異なります。

子供は半額だったりプライオリティパス一枚で二人利用できるラウンジもあります。

たとえば関空のラウンジは「ぼてじゅう」というお好み焼き屋で私が大好きなお好みやビールを頼んで一人3400円までは全部無料なのです!最高です!

年間1万円(税別)の年会費でこんな素敵なサービスがあるとは…泣けます。

帰り場合はプライオリティパスを利用できない場合が多いので注意してくださいね。

一人で空港を利用する人にはメリット大!

喜ぶ人の画像

成田や関空をよく一人で使う場合は国内線でも利用できりるため特にメリットが大きいですね。

もちろん海外によく行く人もメリットは大きいですが、同伴者の料金が結構たかいので家族旅行ではなんともいえません...。

プレステージ会員の年会費は約45000円!

支払いの画像

プライオリティパスのサイトを見ていただければわかるのですが、プライオリティパスを普通に会員になって年会費を払う場合とても高額になっています。

プライオリティパスは三種類の会員があり、スタンダード会員、スタンダードプラス会員、プレステージ会員となっています。

そして会員はそれぞれの特典にみあった年会費が設定されています。

プライオリティパス会員

    1. スタンダード会員
      • 年会費約10000円(99ドル)
    2. スタンダードプラス会員
      • 年会費約26000円(249ドル)
      • 利用10回まで無料、それ以降利用料一人約3400円(32ドル)
    3. プレステージ会員
      • 年会費約45000円(429ドル)
      • 利用料無料

そして楽天プレミアムカードに付帯してるプライオリティパスは最上ランクのプレステージ!

プレステージ会員はラウンジを何回利用しても無料なのです!

約45000円(429ドル)が楽天プレミアムカードなら11000円(税込)とは激安です。泣けます。

もちろん、ほかのクレジットカードでもプライオリティパスが特典としてついてくるものはありますが年間1万円の年会費(税別)なのは楽天プレミアムカードだけです。

年会費45,000円って...ってちょっと高額じゃない?

同伴者の利用や金額は?

家族の画像

同伴者は約3400円(32ドル)を支払うことで利用することができます。

子供の場合、小学生までは半額や幼児は2歳まで無料などの場合が多いです。

ちなみに楽天ブラックカードでは2名まで同伴者の料金が無料となっています。

ブラックカードでは無料ですが楽天プレミアムカードでは同伴者は有料なので出張や一人での旅行が多い人にはメリットが大きいです。

申し込みが必要

申し込み書類のイメージ画像

プライオリティパスは楽天プレミアムカードが届いてから申し込みすることで発行されます。

申し込みして貰うんだね。

有効期限に注意!

注意のマーク

プライオリティパスは楽天プレミアムカードとは別の有効期限があるので、期限が切れる一ヵ月前に更新をしましょう。

カードによっては更新手続きの必要が無いものもありますが、楽天プレミアムカードでのプライオリティパスは更新が必要だと覚えておいてください。

楽天プレミアムカードのインビテーション条件

インビテーションのイメージ画像

この章では楽天プレミアムカードのインビテーションについて紹介していきます。

インビテーションとは?!

手紙の画像

インビテーションとは簡単に説明すれば招待状です。

楽天カードや楽天市場のユーザーに対して「楽天プレミアムカードに申し込みしませんか?」というお誘いのDMが届くことがあります。

年会費5年無料のインビテーション?!

無料のイメージ画像

過去に楽天カードを所有していない人に年会費5年間無料というプレミアムカードや、ブラックカードのインビテーショが配布されたことがありました。

他のカード優良ユーザーを楽天カードに乗り換えさせるためのキャンペーンであること間違いありませんが、最近はほとんどこの5年間無料のインビテーションが届いたという話は聴きません。

また、このキャンペーンが再度行われるどうかは今のところわかりません。

申し込みにインビテーションの条件は必要無い!

ちなみに楽天プレミアムカードはインビテーション(招待制)ではないので、年齢が20歳以上で仕事をしていれば申し込みはできます。

ただ楽天カードを使用していてプレミアムカードのインビテーションが届いたのであれば、おそらく初年度無料の特典がついているでしょう。

ブラックカードのインビテーション

黒い手紙の画像

楽天カードにはプレミアムのうえに楽天ブラックカードという最上位カードが存在します。

楽天ブラックカードを狙っているのであれば、まず楽天プレミアムカードを発行するのが最短です。

ちなみに楽天ブラックカードは年会費33000円です。

楽天プレミアムカードの家族カードは絶対に作るべき理由

家族の画像

ここからは楽天プレミアムカードの家族カードについて解説していきましょう。

家族カードのメリットを理解していればとてもお得な使い方ができます。

年会費はたった550円(税込)

家族カードは本カード一枚につき5枚まで発行できます。年会費は家族カード一枚につき550円(税込)かかります。

ちなみに、これはゴールドカードの家族カードと同じ年会費です。

ゴールドカードの家族カードと年会費一緒やん!!安い!

国内ラウンジが何度でも無料!

ラウンジの画像

プレミアムカードでは家族カードでもソフトドリンクや軽食がとれる国内空港のラウンジが何度でも無料で利用できます。

プライオリティパスよりはランクが低いラウンジですが、何もなければ利用するのに1000円~1500円ほどかかる有料のサービスです。

家族カードであっても本カードと同条件の保険も付帯されます。

プライオリティパスは発行できない

できないマークの画像

残念ながらプライオリティパスはだけは家族カードで発行することはできません。

それでも年会費550円で空港のラウンジを無料で利用できるだけでも十分価値があります。

ちなみに楽天ゴールドカードではその空港ラウンジが2回だけ無料となっています。

ゴールドで2回だけなのにプレミアムカードなら家族カードで何度でも無料というのはお得です。

保険は自動付帯!

保険書類の画像

楽天プレミアムカードはプライオリティパスだけではなく旅行保険や動産保険も充実しています。

ちなみに保険の限度額は自動付帯4000万円で利用付帯1000万円の合計5000万円となっております!それも自動付帯で!!

自動付帯の保険がすごい!

簡単に自動付帯と利用付帯を説明すると、利用付帯の場合カードで旅行代を事前に決済しないといけませんが、自動付帯はカードを持っているだけでOKです。

そして家族カードでも本カードと同じ保険条件が適用されるのです!!550円(税込)で自動付帯の旅行保険がつくとは、これも泣けるくらいお得です。

楽天ビジネスカードが作れる

2枚のクレジットカードの画像

まだまだありますプレミアムカードのメリット!

楽天カードでビジネスカードをつくれるのはこのプレミアムカードだけなのです

そしてポイントもちゃんと貯まります。

口座を分けれるので個人事業主や会社経営者であればとっても便利です。

ただし年会費は2200円となり家族カードより高く設定されているのでご注意ください。

楽天プレミアムカードの審査について

審査書類のイメージ画像

楽天プレミアムカードの審査について解っていることを紹介していきます。

楽天カードは比較的審査が通りやすいことで有名ですが、プレミアムカードではどうなのでしょう?

難易度は普通レベル

書類審査のイメージ画像

年会費1万円(税別)のカードとなるので、一般カードよりも審査は厳しめになるでしょうが、職業があり安定した収入があれば基本的に大丈夫そうです。

切り替えの場合は楽天カードの限度額を参考

楽天カードをすでにお使いの場合、ゴールドとプレミアムは手数料無料で切り替えが可能です。

一般カードの限度額が40万以上を目安として申し込んでみてください。

それでも確実に審査に通るとは言えませんが他に大きな問題がなければ期待できます。

楽天プレミアムカードはこんな人にオススメ!

買い物で喜ぶ女性の画像

色々と楽天プレミアムカードについて紹介してきましたが、最後にもう一度どんな人向けのカードなのかを確認しておきましょう。

プライオリティパスを最安値で手にしたい

カードの画像

プライオリティパスを最低価格で手に入れたいのなら楽天プレミアムカードを選んで間違いなしです。

海外旅行や国内空港を頻繁に利用する人

トランクの画像

海外・国内旅行保険が自動付帯のクレジットカードを探しているのであれば楽天プレミアムカード!家族カードでも本カードと同じ条件が適用されます。

旅行好きで楽天ポイントも貯めたい人は迷わずプレミアムカード!

海外旅行のイメージ画像

旅行も好きで楽天市場のポイントも貯めたい人はもう楽天プレミアムカードしかありません。

楽天プレミアムカードは11000円の年会費ですが、使い方しだいで年会費を大きく上回るポテンシャルをもった超お得なカードです。

結論、楽天市場を利用しない人や海外旅行にも行かない人は一般カードで十分。

楽天カードについては他のページでも詳しく紹介しているので良ければ読んでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

▼INDEX

HOME

楽天カードの関連記事